月9『ミスなか』“原作超え”の名シーン…門脇麦&鈴木浩介の名役者っぷりに脱帽
拡大する(全1枚)
門脇麦演じるライカ/千夜子(ドラマ公式サイトより)

 主演の菅田将暉を始めとした俳優陣の名演が続くフジテレビ系月曜ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』。3月14日に放送された第10話は「ファイナルエピソード(episode final)」と銘打たれただけあって名シーンの連続だった。

 整(菅田将暉)はライカ(門脇麦)と一緒に初詣に行く約束をする。元日の夜、お参りをしておみくじや屋台を楽しんだふたりは、帰り道にまだ明かりのついていた焼肉屋へ入ったのだが、店員の邦夫(堀部圭亮)と沙也加(志田未来)の様子がどこかおかしい。父娘のようだが、どこか違和感のある邦夫と沙也加。ふたりを気にしつつ焼肉を食べはじめるが、整がふいに肉を焼くライカの手もとに目をやると、その手首にはリストカットの跡が。視線に気づいたライカは「自分がやったのではない」「千夜子がやった」と、自分と“妹”千夜子の秘密について語り始めるのだった。

 これまでライカが話していた「春にいなくなる」理由も明らかになり、整と過ごす最後の時間を心から楽しもうとするライカの姿は視聴者の心を強く打った。ライカが生まれて初めて食べる焼肉のおいしさ、”リハビリ”ではなく「走りたい」と湧き上がる自身の衝動に身を委ねる満面の笑顔、「整くんの痛みも代わってあげられたらよかったな」と言う悲しげな声……。「切なくてすごくよかった」「門脇麦さんのライカのセリフと演技に悲しくて泣いた」と視聴者のから絶賛の声が上がったのも納得だ。原作ではまだ描かれていないライカとの別れは、場合によってはブーイングが起きる可能性もあったが、ライカが最期に過ごした鮮やかなきらめきの瞬間を見事にかたちにした門脇麦の演技は、そうした批判も起こらないほど見事なものだった。