『半沢直樹』から強奪!? 堺雅人主演の日テレドラマにTBSだけでなくフジまで憤るワケ
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 日本テレビの作戦勝ちといったところか。

 堺雅人が3月26日に放送される日本テレビ系スペシャルドラマ『ダマせない男』に主演するが、これに他局は不快感をにじませているという。

 堺が演じるのは、ひょんなことから10億円詐欺計画の片棒を担がされる超お人よしサラリーマン・絹咲正。大ヒットした2020年のTBS日曜劇場『半沢直樹』以来の出演作となるだけに、注目を浴びるのは必至だろう。

「共演陣も門脇麦広末涼子小手伸也生瀬勝久らと豪華な顔ぶれ。制作費も5000万円と破格です。せっかく堺という超大物を釣ったからには日テレも単発で終わらせるつもりはまったくない。局上層部は世帯平均視聴率が10%を超えれば連ドラ化、最低でも定期のスペシャルドラマには持って行きたいと、鼻息を荒くしています」(テレビ関係者)

 それにしても、堺が復帰の場に日テレを選んだのはなぜか。堺が日テレドラマに出るのは2015年の『Dr.倫太郎』以来7年ぶり、しかもこの時が初主演と、日テレとは縁遠かったのだが……。そこにはドラマスタッフのしたたかな計算があったという。

「堺が唯一、頭が上がらないのが妻の菅野美穂です。そして日テレはその菅野と非常に強いパイプを築いています。駆け出しの頃に『メレンゲの気持ち』の初代司会のひとりに抜擢してもらった菅野は、2009年には『24時間テレビ』のチャリティパーソナリティも務めましたし、最近も事務所の後輩・山崎育三郎のピンチヒッターとして『おしゃれクリップ』の司会を務めました。日テレドラマも『働きマン』『キイナ~不可能犯罪捜査官~』『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』など定期的に出演しており、第一子出産後のドラマ復帰も日テレの『お迎えデス。』へのゲスト出演でした。今回は仲のいいドラマスタッフが菅野に企画書を渡して仲介を依頼。菅野から『面白いよ』と強くプッシュされたことで、堺も引き受けざるをえなかったようです」(前出・テレビ関係者)