「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎
拡大する(全12枚)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』...の画像はこちら >>
牧宗親(山崎一)とりく(宮沢りえ)|ドラマ公式サイトより

 『鎌倉殿の13人』第11回「許されざる嘘」は、なかなか唸らされる展開が続きました。伊東祐親とその子は史実でも、罪を許された後に自害して果てるという、現代人には理解しがたい死を遂げています。しかしドラマでは、それは表向きの話で、実はオリジナルキャラの善児による暗殺だったというストーリーになっていました。その善児を梶原景時が雇用したことも含め、三谷流の演出が光っていたと思います。

 また、以前のコラムでも触れたように、史実では兄・頼朝との再会以降の源義経の動向は明らかではないのですが、ドラマの義経(菅田将暉さん)は、頼朝からの寵愛が自分よりも深い(と彼には思われた)兄・義円(成河さん)に嫉妬し、鎌倉から出て行かせるために嘘をついて義円を騙すというのも面白かったですね。明らかに義経が悪いのですが、頼朝の関心を引こうとする義経の姿に視聴者が同情するように描かれていました。筆者の知り合いのBL編集者いわく、彼の担当する作家さんたちがこぞって推しているのが菅田将暉さんだそうです。これまでの「大河」では淡白にしか描かれることはなかったBL要素ですが、今年は義経と頼朝の濃厚な“ブロマンス”描写を期待できるかもしれません。


この記事の画像

「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像1 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像2 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像3 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像4
「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像5 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像6 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像7 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像8
「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像9 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像10 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像11 「「亀の前事件」北条政子の“冷徹な判断”と、牧宗親の『鎌倉殿』における設定の謎」の画像12