サントリー「ほろよい」CM制作費1億円超え!マッシュアップ企画乱発のきっかけ?
拡大する(全1枚)
サントリー「ほろよい」公式サイトより

 サントリースピリッツは、2月4日からチューハイ「ほろよい」ブランドのコミュニケーションを刷新した。新たなテーマは“「ほろよい」がある時間の楽しさ”。2月5日からテレビCM「ほろよい飲んで、なにしよう?animation ver.」を、2月6日からそれにリンクする「ほろよい飲んで、なにしよう?」篇を全国で放映開始している。

 音楽は今回のCMのためにオリジナルで制作されたもの。『今夜はブギーバック』(小沢健二)と『水星』(tofubeats)を掛け合わせた楽曲で、アニメバージョンではkZmと佐藤千亜妃が、実写バージョンでは池田智子、TENDREがそれぞれカバーしている。

「「ほろよい」のCMでは、『今夜はブギーバック』(小沢健二)と『水星』(tofubeats)のいずれもカルチャー好きから愛される楽曲が掛け合わされた、いわゆる“マッシュアップ”という手法で作られています。マッシュアップという言葉が一般に浸透してきたのは、ここ数年。おじさん世代にはリミックスという呼称がピンと来るかもしれませんね」(CMディレクター)

 本稿では、近年増えているという“マッシュアップCM”について考察していきたい。そもそもなぜマッシュアップCMが増えているのだろうか。

「「ほろよい」を例に出していえば、『今夜はブギー・バック』は1994年、『水星』は2013年と 、ほぼ20年の差がある楽曲ですが、『水星』好きの若者からすれば『今夜は~』はエポックメイキングな作品。『今夜は~』好きのおじさんからすれば『水星』はひさびさに現れた自分たちにもピンとくる楽曲、そうした世代を超えて愛聴されているという点が、商品の訴求ポイントである全世代ターゲットという部分と一致しているのでしょう」(前出・CMディレクター)