『ミスなか』最終回で「終わり方」がトレンド入りも…“ただごとじゃない”親子関係を描いた一貫性
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 菅田将暉主演のフジテレビ系月曜ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』が、3月28日に最終回を迎えた。ドラマ版『ミスなか』が一貫して取り上げてきたのは、穏やかなだけではない「親と子の関係」だったのかもしれない。

 最終回となる第12話は15分拡大で放送され、菅田将暉演じる久能整(くのう・ととのう)が謎解きを披露する「つかの間のトレイン」編と、永山瑛太演じる犬堂我路(いぬどう・がろ)が謎の人物・ジュートを追う「横浜連続殺人事件」編の2本立てとなっていた。

 1本目となった「つかの間のトレイン」編は、整が大阪の印象派展に行った帰りの新幹線での出来事を描いたものだった。隣に座った女性・美樹谷紘子(関めぐみ)が読む手紙が目に入った整は、まわりに描かれたイラストの頭文字がメッセージになっていることに気がつく。紘子は育ての母親に、幼い頃に両親を亡くしたため、実の母親だった親友が引き取って育てたと話されていたが、ある日紘子は古い手紙の束が隠されていたのに気づく。それを見ると、実の父が育ての母に向けて「紘子を返してほしい」と何度も訴えていた。育ての母に対する疑念から、実の父に会うため名古屋に向かう途中だと言う紘子。しかし何通にも及ぶ絵手紙を読み解いていくと、浮かび上がったのは「なごやにはくるな」「だまされるな」など警告ばかり。その意図は、娘の異変に気付き、あとをつけてきた育ての母・サキ(高畑淳子)から明かされるのだった。