『七つの会議』放送するTBSも「木下ほうか対応」苦慮… 新たな要注意人物の噂も?
拡大する(全1枚)
『七つの会議』公式Twitterより

 複数の女優から“性加害”を「週刊文春」(文藝春秋)により告発されていた俳優・木下ほうかだが、3月28日、所属事務所カクタスがマネジメント契約の解消を発表した。

 同事務所は公式ホームページで、「事実関係を確認中」としたうえで本人の合意のもとマネジメント契約を解消したと発表。4月5日放送スタートの山下智久主演ドラマ『正直不動産』(NHK総合)に主人公が勤める会社の課長役として出演予定だったが、「一部報道でお騒がせしておりますNHKドラマに関しましては今回の事態を重く受け止め降板のお願いを申し入れさせていただきました」としている。木下サイドからの申し出を受けて、NHKは同ドラマに関しては再編集を施し、木下が出演しない内容で放送するという。

 続けて、「今回の報道の内容により多くの方々に大変不快な思いをさせてしまい、また業界に携わる皆様のイメージを傷つけ信頼を揺るがす事態を招くものとなっておりますことを、大変遺憾に思っております」とした。

 また、同日には木下がTwitterで謝罪とともに芸能活動の無期限休止を発表した。

 木下は「事務所と協議していたことでご報告が遅くなり、女性の方々はもとより、関係者の皆様に多くのご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます」と謝罪。報道の内容に関しては「一部事実と異なる点や10年程度前のことで記憶にないこともございますが、概ね間違っておりません」とする一方で、「現在週刊誌から質問されておりますが、女性から明確に拒否されているにも関わらず関係を持ったことや、薬物を用いて関係を持った記憶はございません」とした。