『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ
拡大する(全5枚)

 『となりのチカラ』が最終回を迎え、1月期のドラマがすべて終わった。「ドラマ序盤ランキング」で取り上げた作品はどうだったか。総括してみよう。

1月期の”ベスト”は『妻、小学生になる。』 対して『ミスなか』は…

『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラ...の画像はこちら >>
『妻、小学生になる。』Paravi公式ページより

 1月期でもっとも良かった作品はやはり、TBS金曜ドラマ『妻、小学生になる。』だろう。死んだ妻が小学生になって戻ってくる……という奇想天外なストーリーに説得力をもたせた丁寧な心理描写と、俳優たちの演技力。貴恵(石田ゆり子)が乗り移った時と、ただの小学生の時の”2役”を見事に演じ分けた毎田暖乃は脱帽ものだった。

 どうしても毎田の演技を語りたくなってしまうが、主演の堤真一を始め、吉田羊神木隆之介森田望智らの演技がしっかりとドラマを地に足つけた物語にしていたし、ドラマ初出演となった當真あみや、驚きのキャスティングだった水川かたまり(空気階段)もいい存在感を放っていた。病気で降板となった萩原利久の代わりに急きょ愛川蓮司を演じることになった杉野遥亮も、蓮司は杉野以外考えられないと思わされたほどのハマリっぷりで、役柄は前期の『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)で演じた森生と重なる部分があったにもかかわらず、森生とはしっかり違うキャラクターになっていたのも見どころだった。原作がまだ完結していないだけにどう話を終わらせるかは難しかったと思われるが、原作に沿いながらも、しっかりとこのドラマらしい着地点を見つけられたと思う。不満点ゼロ、とにかく上質なTBSドラマだったと言えるだろう。


この記事の画像

「『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ」の画像1 「『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ」の画像2 「『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ」の画像3 「『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ」の画像4
「『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ」の画像5