もう中学生に学ぶ“オープニング”の流儀 はじめないはじまりの始め方
拡大する(全1枚)
もう中学生のおグッズ!』(テレビ朝日系)TELASA公式サイトより

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(4月3~9日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

■パンサー・向井「これオープニング?」

 文章の書き出しにはいつも苦労する。書き出しが決まれば、そこから先はあまり引っかかりなく書ける。最後のオチのところで少し頭を悩ませることもあるけれど、書き出しの比ではない。――と、こんななんでもない100字足らずの文章も、1時間ぐらいグニグニ考えてる。

 だからだろうか。『もう中学生のおグッズ!』(テレビ朝日系)のオープニングに惹かれてしまう。タイトル通り、同番組は芸人のもう中学生が番組グッズづくりを進めるバラエティである。で、そのオープニングはいつもキテレツだ。

 たとえば、3月14日の放送はこんなふうにはじまる。いきなり画面に映るのは、鳥の紙人形(チュン太郎)を手にしたもう中。彼が「そうですね、春の物件探し、大変ですよね~」とチュン太郎に語りかける。「そうですね」と会話の途中からの唐突なはじまり。視聴者の困惑を尻目に、チュン太郎との物件探しコントはどんどん進んでいく。

 と思うと、またいきなり「……というわけではじまりましたでございます~。もう中学生のおグッズ~」とタイトルコールである。「というわけで」って、どういうわけだ。そんな問いに、当然答えなどない。

 多くの番組のオープニングでは、今回の放送内容やゲストが紹介される。そうやって、視聴者を本編にスムーズに導いていく。本編への円滑な導入。それがオープニングの基本的な機能だといっていいだろう。