”安倍トモ”朝日新聞元編集委員、「新聞協会賞スクープへの調査」に発展か
拡大する(全1枚)
朝日新聞社屋

 4月7日に朝日新聞が公表した懲戒処分が、メディア界隈を賑わせている。編集委員の峯村健司氏(47)が、安倍晋三・元首相のインタビューを行った「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)の副編集長に電話を入れ、記事のゲラを見せるよう強要したことが発覚。朝日は報道倫理に反するとして、峯村氏を13日付けで編集委員の職を解き、停職1カ月の処分を下した。

「6日晩には、名物記者の処分の話が一気に広まり、内容について憶測を呼びました。フタを開ければ、『安倍』『朝日』『メディア介入』といったパワーワードだらけ。7日早朝には峯村氏はnoteに『朝日新聞社による不公正な処分についての見解』を掲載。これもツッコミどころ満載だったために、SNS上では現役記者やジャーナリストらが”総コメンテーター状態”となっているのです」(全国紙記者)

 峯村氏は「不当性については法的にも明らかにしてまいりたい」と朝日と徹底抗戦の構えだが、事実関係は概ね認めている。

 発端は3月9日、ダイヤモンド編集部が安倍氏にインタビューを実施したことだ。峯村氏が同日、安倍氏と面会した際に「ニュークリアシェアリング(核兵器の共有)についてのインタビューを受けた。酷い事実誤認に基づく質問があり、誤報になる事を心配している」と相談があった。峯村氏は、インタビューを行ったダイヤモンド副編集長と面識があった事から、取材翌日の10日に同氏に電話を入れ、ゲラを見せるよう要求。「安倍(元)総理がインタビューの中身を心配されている。私がすべての顧問を引き受けている」として説得したが、副編集長は拒否。さらにダイヤモンド編集部は「編集権の侵害に相当する」と朝日に抗議した。結局、安倍氏サイドとダイヤモンド編集部で事実関係の確認でやり取りをしたことで”誤報”は免れ、記事は3月22日発売号に掲載された。朝日は調査の結果、「政治家と一体化してメディアに圧力をかけたと受け止められても仕方がなく、極めて不適切」などとして処分を公表したのだった。