木村拓哉の新ドラマ「初回ワースト視聴率」記録もメディアは無理やりヨイショ! 反響を呼んだ場面は皮肉にも…
拡大する(全1枚)
木村拓哉(写真/Getty Images)

 御用メディアによる不自然なアゲ記事が、逆にジャニーズサイドの焦りを表しているようにも映る――。

 木村拓哉主演のテレビ朝日系木曜ドラマ未来への10カウント』の第1話が4月14日に放送され、平均世帯視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同ドラマは、高校ボクシング部を舞台にした青春スポーツ・エンターテインメント。第1話では、網膜剝離や妻との死別などの不幸が重なって生きる希望を無くした元アマチュアボクサーの主人公・桐沢祥吾(木村)が恩師と親友の提案によって母校のボクシング部のコーチになるも、校長は廃部をもくろんでいて……というストーリーが描かれた。

「この数字を受けて、芸能マスコミはこぞって『好発進』と持ち上げ、中には『終盤に向けて上昇し、クライマックスの午後10時には瞬間最高は15.7%を記録』と、好調を”演出”したメディアまでありました。しかし、初回は15分拡大放送。普段は22時から始まる『報道ステーション』が繰り下がっていたわけで、『クライマックスの午後10時』に数字が上がったのは単に“報ステ待ち”していた視聴者が22時前後に加わったというだけの話です。ジャニーズつながりで言えば、4月10日から始まった二宮和也主演の『マイファミリー』も初回12.6%と、TBSの看板『日曜劇場』枠にしては低調な滑り出しでしたが、一部メディアは『関西地区で好発進』と報道。なんでもいいから良さそうに見える数字を引っ張り出して、一生懸命ヨイショしている感アリアリです」(週刊誌記者)