『インビジブル』DAIGOの”オネエ”役に「ステレオタイプすぎる」と批判の声も
拡大する(全1枚)
ドラマ公式Instagramより

 高橋一生主演のTBS金曜ドラマ『インビジブル』に、早くも不安の声が上がっている。

 同ドラマは、刑事と”犯罪コーディネーター”が異色のバディを組むという作品。主人公の志村貴文(高橋一生)は元捜査一課で、現在は警視庁特命捜査対策班に所属する刑事。3年前に後輩刑事が殺された通り魔事件の犯人を今も追っており、逮捕のためなら過激な行動にも出る警察の異端分子だ。対して、志村の前に突如姿を見せた謎の女性・キリコ(柴咲コウ)は、警察内でも都市伝説的に囁かれるなど正体不明の存在だったがゆえに「インビジブル」と呼ばれる、さまざまな凶悪事件の裏を知る犯罪コーディネーター。警察側の代表として志村を指名し、未解決事件の犯人逮捕に協力すると言い出すキリコは、終始険しい表情の志村とは真逆にいつも掴みどころのない微笑みを浮かべているミステリアスな役どころだ。

 4月15日に放送された第1話は、概ね好評だったといえる。しかし、とある場面が賛否を呼んでいる。ゲスト出演したDAIGOが演じたキャラクターの登場シーンだ。

 第1話は、渋谷で起こった爆発事件の容疑者である通称「花火師」を追う物語でもあったが、DAIGOが演じたのは、優秀なハッカーで、かつて花火師と恋人関係にあったという男・ラビアンローズだ。花火師の居場所を突き止めるべく、キリコは志村を伴って男性ばかりのいる屋外サウナ施設に向かったのだが、サウナ小屋から中から顔をのぞかせ、「誰よぉ、せっかくもうちょっとで”ととのう”ところだったのにぃ!」と言って飛び出したローズに“不意打ち”を受けた視聴者は多かったよう。「DAIGOさん、オネエ役やってるんだけどw」「急にDAIGOが出てきて腹筋死んだw」「DAIGOの役が濃すぎて吹いた」など、サウナハットを被った”オネエキャラ”という強いインパクトで笑いを誘っていた。