『元彼の遺言状』新章突入! 綾瀬はるか・大泉洋の活躍に注目、キーマンは“ツンデレいとこ”?
拡大する(全1枚)
関水渚演じる森川紗英(ドラマ公式サイトより)

 綾瀬はるか主演のフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』が、4月25日に第3話の放送を迎える。第2話で原作小説のストーリーが完結したことから、第3話以降はどう展開されるのか。その脚本に注目が集まりがちだが、キャストにおいても初回から存在感を示していた“お騒がせキャラ”が引き続き登場することがSNSで話題になっている。

 第3話は、敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)が“武田信玄”を名乗るホスト(望月歩)の連絡を受けて、謎の多い不動産会社社長の殺人事件の真相を探るというものだ。第2話までの遺産を巡る重厚感のあるミステリーとは打って変わって、第3話以降は、街にひっそりとたたずむ「暮らしの法律事務所」を舞台に、剣持と篠田敬太郎(大泉洋)がさまざまな依頼に奮闘するストーリーが予想され、麗子と篠田によるユーモアあふれる掛け合いが増えることにも期待したい。

 あらすじには気になる情報も。第1話・第2話にも登場した、森川栄治(生田斗真)のいとこ・森川紗英(関水渚)が麗子の事務所を訪問するというのだ。巨額の遺産を巡る森川一族の物語は第2話で完結した。それにもかかわらず紗英が引き続き登場することに、SNS上では「予告見たら3話で紗英が出てくるって書いてあったし、森川家は今後も絡んできそう」「やっぱり紗英が絡んでくるか(笑)」と、今後のキーマン候補として注目されている。