俳優として抜擢続くハナコ岡部 片桐仁が見抜いていた「ドランク塚地に通じる才能」
拡大する(全1枚)
NHK公式サイトより

 芸人としてバラエティで活躍しているお笑いトリオ「ハナコ」の岡部大が、俳優としても快進撃を続けている。初主演ドラマの放送に続いて大河ドラマ初出演も決定し、若手「実力派俳優」として頭角を現しつつあるのだ。

 ハナコのリーダーを務める岡部は、コント師として数えきれないほどのキャラクターを演じ、ライブでも演技力を絶賛されるほどの”演技派”。お笑いの実力は2018年の『キングオブコント』(TBS系)で優勝したことでもすでに証明されているが、その演技力を買われてドラマにも進出したことで「芸人俳優」として覚醒し始めている。

 岡部の俳優デビューは、当初2020年4月期に放送予定だったTBS火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』。ドラマ初出演ながら、多部未華子演じる主人公の同僚役でレギュラー出演となった。同作は新型コロナウイルス感染拡大の影響により放送開始が7月に延期となったが、これと前後して、NHK朝の連続テレビ小説『エール』に、窪田正孝演じる作曲家・古山裕一に弟子入りを志願する青年役で6月26日放送回から出演。奇しくも近いタイミングで俳優としての顔を見せることになったが、いずれも、新人俳優らしからぬ達者な演技が評判となった。

 翌年にはハナコ秋山寛貴が脚本で参加した深夜ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(日本テレビ系)にメンバー全員でのゲスト出演も経験。そして、今年4月から始まった深夜ドラマ『しろめし修行僧』(テレビ東京系)で主演に抜擢された。俳優デビューからわずか2年での初主演だ。