見どころはチワワと飯テロ? 『元彼の遺言状』視聴率維持もストーリーは話題にならず…
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 4月25日にフジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』の第3話が放送された。前話で同名原作小説の物語が完結し、新たなストーリーがどのようなものなのか楽しみにしていた視聴者も多いことだろう。その期待を反映するかのように、世帯平均視聴率は10.3%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)と第2話の数字をキープ。しかし、第3話で話題になったのは、どうやら本筋とは別の部分であり、ミステリードラマとしてあまり望ましくない状況にあるようだ。

 第1話で亡くなった弁護士・村山の「暮らしの法律事務所」を引き継ぐことになった主人公の弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)。第3話のあらすじは、剣持のもとに源氏名「武田信玄」のホスト・黒丑益也(望月歩)から依頼の連絡があり、不動産会社社長の死に隠された秘密を明らかにするというもの。麗子が相棒・篠田敬太郎(大泉洋)とともに、情報を集めては分析を繰り返し、地道に真実を明らかにしていく。それゆえ、第1話・第2話にあったような華やかなエンタメ感やスピード感には乏しいものの、しかし、前2話よりも、関わる人々の心理を丁寧に描写しているように感じられた。

 そんな中、SNSで盛り上がりを見せたのは悲しくも、物語の本筋とは関係のない部分。村山弁護士を頼って連絡してきた女性依頼人が、留置中の間、愛犬パトラッシュの世話を代わりにしてほしいと頼む。麗子に命じられて篠田が飼い主宅を訪れると、そこにはやんちゃ盛りの愛らしいチワワが。その姿に篠田はデレデレだったが、視聴者も「飼ってた子を思い出し、可愛すぎて悶絶しながら見ちゃった」「元彼の遺言状観てるけど今回はチワワちゃんなの?! めちゃくちゃかわいい。毎回ワンちゃん出てくるのかな」と、ストーリーそっちのけで喜んでいるのが伝わってくる。