『元彼の遺言状』生田斗真の”再登場”にファン歓喜! やはり「謎の男」篠田がドラマ版のカギ?
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 綾瀬はるかが主演を務めるフジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』の第4話が5月2日に放送される。持ち前の圧倒的な法律知識と巧みな話術、負けん気の強さを武器に謎を解明する主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)がどんな難題に挑むのか楽しみだが、第4話の予告映像には気になる人物が登場している。第1話・第2話の重要人物であった、麗子の元カレ・森川栄治(生田斗真)だ。

 本ドラマは同名小説を原作としているが、第1話と第2話で森川栄治の遺産をめぐる小説の内容は完結。第3話では、同じ「剣持麗子シリーズ」の最新刊『剣持麗子のワンナイト推理』(宝島社)のエピソードが実写化された。一方、ドラマオリジナルストーリーと見られる第4話は、篠田敬太郎(大泉洋)が敬愛する人気ミステリー作家が、最新作の記者発表会見で「私は、人を殺しました」と突然告白し、本当に死体が発見される……という話。なにやら麗子と相棒・篠田の“決別シーン”もあるようで、名バディの動向も注目ポイントとなるが、気になるのは栄治の登場シーンだ。

 生田斗真は、栄治とその兄・富治の2役で第1話と第2話に登場していた。生田ファンにとっては“1作品で2度おいしい”配役だったこともあり、第2話放送後には「斗真くん今回で終わり?? つらい」「久しぶりの連ドラ斗真をもっと楽しみたかった」などと残念がる投稿も並んだものだ。それだけに、次回予告で栄治が再登場するとわかり、SNSでは「次回栄治出るらしいね! 楽しみ!」「3話は斗真いなかったけど4話はいるの? なら観る!」と生田ファンはワクワクしているようだ。