結婚報道のNHK林田理沙アナ、さらに好感度上昇中 エース和久田&桑子アナを越えるポテンシャル
拡大する(全1枚)
林田理沙アナ(NHK アナウンス室より)

 NHKに激震が走っている。絶対的エースとして活躍していた和久田麻由子アナが、第一子を妊娠したことで産休に入り離脱するからだ。

「今年4月以降に担当のレギュラー番組がなくなることが発表された時には、すでに上層部にも妊娠していることは報告していた。和久田アナは子育てもしっかりしたいと話していて、育休に入り当面は業務に戻らないようです」(民放関係者)

 実力もあり人気が高かった和久田アナが抜けることで、ライバルの桑子真帆アナに期待がかかるところだが……?

「桑子アナはまだ新婚で、夫で俳優の小澤征悦との時間を多く取るべく、4月から担当している『クローズアップ現代』の業務が終わり次第、すぐに帰宅している。桑子アナは過去にフジテレビ谷岡慎一アナとの結婚生活がすれ違いで離婚となったことがあるので、同じことになるのは避けたく、ライフワークバランスを考えるのも当然でしょう」(民放関係者)

 桑子アナが妊娠・出産のライフイベントを考えていれば、いずれ和久田アナのように産休に入る可能性もある。そこで現在、NHKは急きょ若手アナの育成と発掘に乗り出している。

「NHKにおける、人気女性アナの登竜門と言われている『ブラタモリ』では、今年4月から新アシスタントとして、山形や福岡の放送局で活躍した野口葵衣アナが大抜擢されました。これまでは目立つ存在ではなかった野口アナですが、『ブラタモリ』初出演時から物怖じしないキャラクターでタモリを喜ばせました。視聴者からの評判もよく、一気に注目の新人アナウンサーとなりました」(民放関係者)