ハリウッドザコシショウ『ラヴィット!』クビ宣告!? くっきーと大喧嘩
拡大する(全1枚)
ハリウッドザコシショウ Sony Music Artists 公式サイトより

 6日放送のTBS『ラヴィット!』にハリウッドザコシショウが出演。司会の麒麟川島明に「最後のラヴィット」と言い渡された。

 ハリウッドザコシショウが同番組に出演するのは2回目で、初登場時川島は新型コロナウイルスに感染し療養中。この日がラヴィットでの初共演となった。

 ハリウッドザコシショウは冒頭から光るメガネをかけて「エヴァに乗れ」と新世紀エヴァンゲリオン・碇ゲンドウのモノマネ。「オープニングアクト、碇ゲンドウさんでした」と川島に紹介されると「川島もエヴァに乗れー」と振り「乗らないですよ」と軽くあしらわれていた。

 初登場時の、タイガーマスクのステップで大暴れした映像を振り返ると川島は「これ自宅療養中家で見ていて熱が39度まで上がった所、瞬間最高体温の時」と休みの間で1番心配した場面だったことを冗談交じりで話した。

 ハリウッドザコシショウは川島が不在だったため「麒麟の川島の誇張モノマネやらずじまいでしたわ!」と用意したネタができなかったと、この日リベンジ。「あー!ダランダー!!」と叫ぶと、川島は「非常に狭い所でがんばっていただきました」とすぐ横のアクリル板にぶつからないように配慮しながらネタをやっていたと指摘。「(腕を)畳んでたな~」とくっきーにも弄られさらに川島に「意外と常識人ですからね」とばらされていた。

 オープニングテーマ「叶えたい夢」についてハリウッドザコシショウは1979年に発売された任天堂のゲーム機「ブロック崩し」を手に入れたいと話し、番組が探し出した「ブロック崩し」を賭けてゲームをすることに。3球以内に全てのブロックを崩すことができれば、プレゼントとしてもらえることになったのだがこのチャレンジに失敗。