『元彼の遺言状』“守銭奴キャラ”の綾瀬はるかよりも…大泉洋こそ“裏”主人公?
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 綾瀬はるか主演のフジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』の第4話が5月2日に放送され、主人公の敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)と助手の篠田敬太郎(大泉洋)による華麗な謎解きが披露された。法律知識に裏打ちされた溢れるほどの自信で、大手企業や一流作家にも物怖じしない麗子による痛快ミステリーではあるものの、第4話を見た視聴者からは、篠田こそ主人公らしい、といった声も上がっている。

 第4話は、13年ぶりに新作を発表する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、記者発表会見で「私は人を殺しました」と告白することから始まった。実際に死体が発見され、秦野の家政婦で、殺された男の妻・加奈子(中島亜梨沙)が警察に自首する。男が殺された状況は秦野の新作小説に似ており、秦野は新作の出来に不安を覚えたとして、出版前の生原稿を読んでほしいと加奈子に依頼していたことを明かす。はたしてこれは殺人教唆にあたるのか。秦野がもし罪に問われれば、ファン待望の新作が出版中止になることは必至で、出版社はダメージを負う。その危機を救うことで顧問弁護士のポジションを手にしようと画策した麗子は、秦野や加奈子、そして加奈子の娘から話を聞いていくうちに、事件の意外な真相にたどり着く……というストーリーだった。

 見どころは、大手企業の顧問弁護士に就くことで高額の顧問料を継続的に手にしたい麗子と、秦野作品の長年の愛読者であり、なんとしても新作を出版してほしい篠田、それぞれの目的の違いによって行き着いた結末だ。殺人事件の真相は、売上冊数をアップさせたい秦野が自ら起こした“話題づくりのための殺人”だったわけだが、篠田は「そんなことしなくても作品の魅力は伝わるはず」と秦野に説く。そして、いざ麗子が出版社との顧問弁護士の契約締結が決まりかけたと思ったら、担当編集者が「もう終わってたんですよ、あの人は」などと秦野をバカにすると、篠田は怒りをにじませながら「お断りします」と勝手に顧問弁護士契約を断る。その姿に、SNSでは「篠田が主役だよね?」「よく言いました篠田さん」といったコメントが寄せられていた。