TBS金ドラ『インビジブル』脱落者続出か…視聴率の下落の要因は「警察の無能っぷり」?
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 TBS金曜ドラマ『インビジブル』の視聴率が落ち続けている。4月15日の初回放送時点では世帯視聴率9.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ/以下同)とまずまずのスタートだったが、第2話で7.0%と2ポイント以上も落とし、5月6日放送の第4話ではついに6.4%までに下落した。

 視聴者脱落の要因と思われるもののひとつが、「警察の無能っぷり」だ。第3話では“犯罪コーディネーター”のキリコ(柴咲コウ)が、「演出家」と呼ばれるクリミナルズ(警察も把握していなかった凶悪犯の呼称)の情報を提供したが、近くで張り込んでいた磯ヶ谷(有岡大貴)となぜか連絡がつかない。その理由は、近くのコンビニのトイレを借りる際に無線を外していたというお粗末なもので、まんまと容疑者を逃し、新たな被害者を生んでしまう。キリコの「警視庁って、そんなにできない人の集まりだとは知らなかった」と言い捨てるシーンに、SNS上の視聴者たちからは「視聴者の声を代弁してる」「同意しかない」といった意見が上がっていた。

 ほかにも、挙げていくときりがない。キリコが要人として身柄を確保されている施設・通称「民宿」を警護しているのはいかつい外見の警察官だが、初登場となった第2話であっという間にキリコに手懐けられ、運び込まれた豪華な食事を嬉々として志村(高橋一生)にすすめる「召使い」ポジションに。第3話でも、志村とキリコが勝手に外出した際に運転手として同行しており、志村と別れたあとはキリコの単独行動を易々と許している。