フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」
拡大する(全5枚)
上島竜兵さん

 5月11日に亡くなったダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの報道についてフジテレビが批判を受けているが、フジ系列のローカル局は、この騒動の“尻拭い”に追われているようだ。

 フジは朝の情報番組『めざまし8』で、上島さんの都内自宅前から中継を行い、リポーターは発見された際の状況まで説明。これを受け、厚生労働省は、テレビ報道について怒りにも似た注意喚起を促すという異例の発表をするに至った。

神田沙也加さんはダメで上島竜兵さんはOK?『めざまし8』谷原章介の“約束違反”に批判の嵐 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが5月10日深夜に自宅で急死していたことが明らかになり、芸能界には激震が走った。「ビートたけしや出川哲朗ら親交のあったタレ...
フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」
フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」
日刊サイゾー2022.05.19

「今回の報道に犯罪性はなく『自死用』のガイドラインに沿う必要がありましたが、ただ映像がほしいだけで中継を行ったもので、明らかにやりすぎ。フジの番組の中ではまだ視聴率もよくCMも入っている『めざまし8』で大失態を演じることになり、他部署からも、意味がわからないと非難の声があがっています」(フジテレビ関係者)

 この騒動で大変なことになっているのが、フジ系列のローカル局だという。

「フジの系列局はもともと苦情の電話が多いことで有名なんです。坂上忍の情報番組『バイキングMORE』が放送していた頃は、番組内容に関するクレームの電話に毎日のように対応していたローカル局もありました。上島さんの自宅中継に関しても、地方の視聴者からの苦情の電話が各系列局で鳴り響き、対応に追われたようです。
 視聴者からしたら、『キー局が制作している』なんてことは関係ありませんし、フジの総合案内を伝えても、それが保留ばかりでつながらず、さらにクレームの電話がくるという悪循環。キー局がおかした失態のしわ寄せを受けているんです」(地方局関係者)


この記事の画像

「フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」」の画像1 「フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」」の画像2 「フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」」の画像3 「フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」」の画像4
「フジテレビの上島竜兵さん「自宅中継」騒動にローカル局も激怒、不満爆発「系列局をないがしろにしている」」の画像5