『インビジブル』が高橋一生のゴシップをネタ化? 「チェーン」が話題になったワケ
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 TBS金曜ドラマ『インビジブル』第5話で、主演の高橋一生のそばになぜかたびたび映り込んだ「あるモノ」が話題となっている。

 5月13日放送の第5話で視聴者たちが大いに沸いていたのは、逃走したキリコ(柴咲コウ)の行方を追うため、志村(高橋一生)がラビアンローズ(DAIGO)に協力をさせるシーンだ。優秀なハッカーであるローズは、警察側に自分の居場所を突き止めるだけの「腕のいい人」がいることに興味を示し、会わせれば力を貸すと条件を提示。志村に連れてこられた鑑識課の近松延武(谷恭輔)は最初こそハッカーに協力することを拒んでいたものの、ローズの知識と技術を見た途端に目の色を変え、意気投合することに。志村は目の前で繰り広げられるふたりのハイレベルな会話についていけず、ただ眺めているだけになったのだが、そこでなぜかずっと手に握っていたのが室内のインテリアとして設置されていたブランコのチェーン。話題になった「あるモノ」とは、この鎖のことなのだ。

 SNS上では「いやぁー今日のチェーンシーン最高でしたね!」「チェーン(ブランコ)と戯れる志村いとおかし」「チェーンは友達」「チェーンもうレギュラーじゃん」などという感想が、これでもかと溢れていた。

 チェーンの“登場”は今回が初めてではない。4月29日に放送された第3話では、通称「演出家」と呼ばれる凶悪犯(要潤)の逮捕劇を繰り広げた際、志村が武器として選んだのが倉庫で見つけた長い鎖で、刑事部の磯ヶ谷(有岡大貴)と力を合わせて演出家を鎖で縛り上げるシーンは、『インビジブル』の十八番になりつつある“非現実的な逮捕術”として話題になっていた。また、第5話では終盤にも、監禁された元暴力団員・武入(鈴之助)を拘束する道具として鎖が登場している。