大泉洋演じる篠田の謎がついに明らかに? 大きな変化を迎えそうな『元彼の遺言状』
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 急展開を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)。主人公の弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)と、作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉洋)がさまざまな事件を解決に導いていく「痛快リーガルミステリードラマ」の第7話がいよいよ5月23日に放送される。

 前回のラストでは、麗子がついに、このドラマの登場人物紹介でも「謎の男」と紹介され続けている篠田に対し、“実在の篠田敬太郎という男は、見た目がまったくの別人で、しかもすでに死亡している”という事実を突きつけ、「篠田、あんたいったい何者?」と迫るシーンで終わっていた。第7話は、「篠田」というキャラクターの立ち位置や麗子の心境に、何らかの変化が生まれる回となりそうだ。

 麗子はホストの黒丑益也(望月歩)に篠田について調べさせており、第5話のラストには黒丑から「篠田敬太郎に関する調査報告書」が渡されていたが、ついにその中身が明らかになった。篠田と麗子が出会ったのは、麗子の学生時代の元カレであり、大手製薬会社・森川製薬の御曹司である森川栄治(生田斗真)が元カノらに自分の不動産を分け与えるなどの不可解な指示をした奇妙な遺言状を残したためだったが、栄治が暮らしていた軽井沢の別荘で管理人を務めていた篠田は、麗子に会った際、自分は英治が所属していた大学のミステリー研究会の先輩で、麗子とも面識があると話していた。しかし麗子の記憶にはない。そして第6話のラストで、麗子は「栄治の大学のミステリー研究会には確かに篠田敬太郎というOBがいた。でも見た目はまったくの別人で、すでに死亡し、もうこの世にはいない」と述べ、篠田に何者なのか問い詰めるのだった。