大久保佳代子は芯食ったイジり、千原ジュニアは……渡部建の味わい方
拡大する(全1枚)
アンジャッシュ渡部建(写真/Getty Imagesより)

 アンジャッシュ・渡部建が不倫騒動から復帰して約3カ月が経過した。いまだにキー局への出演はなく、千葉テレビ冠番組『白黒アンジャッシュ』でしかその姿を見ることはできない。

 渡部復帰以降の同番組には、旬のお笑いコンビであるザ・マミィ、モグライダーのほか、さまぁ~ず三村マサカズ千原ジュニア劇団ひとりオアシズ大久保佳代子といったベテラン芸人が2~3週ごとにゲスト出演し、渡部をイジり倒している。その様子はまさに、「渡部イジり1グランプリ」といった様相だ。

 番組放送900回記念のメモリアル回に出演した三村は、渡部との出会い頭に「あ、久しぶりの人だ」と一言。「俺、こういうの(イジり)向いてねーんだよ!」「オファー受けた時、復帰するって知らなかったんだよ!」と渡部を完全に腫れ物扱いし、やりにくささえも笑いにしながら、今後の渡部の方向性などを掘り下げていた。

 そんな三村の翌週に出演したひとりは、登場から目をキラキラと輝かせ、「あれ、やってくださいよ! 記者会見のやつ!」「本当にダサかった」と不評だった謝罪会見の再現をムチャぶり。さらに、「謹慎中、食った一番うまい物、言ってくださいよ!」と渡部のグルメキャラを揶揄した際には、渡部が“寿司屋で酒を飲んだ”と明かすと、なんのネタを食べたのかと激しく追及。そこから「謹慎中に大トロと酒ですか!?」「いいなぁ~! 俺も謹慎しよっかなー!」と傍若無人ぶりが加速し、やりたい放題となった。