嵐・二宮和也のCM出演が止まらない!サイダーから缶コーヒー移籍の裏事情も
拡大する(全1枚)
二宮和也

 スマホゲーム「パズドラ」の新CMが公開中。長らくメインキャラクターをつとめる二宮和也が「パズドラ党」の党首として熱弁をふるっている。

「国会のセットといえば、洗剤メーカーのCMで同じくジャニーズ生田斗真が国会議員を演じていたりして真新しいものではありません。しかもセット等の美術に予算がかかるので、制作プロダクションは敬遠しがち。それでも実現に踏み切っているので、今回パズドラ側の本気度が伺えます」(CMディレクター)

「パズドラ」とスマホゲームの覇権を争うタイトルといえば「モンスト」があげられるが、そちらにも同じくジャニーズアイドルの中島健人が出演中だ。

「ゲーム自体は、パズドラは累計ダウンロード数が5,900万、モンストが5,600万と両者ともメジャータイトルであることは間違いありません。そんな中モンストでは、前年まで起用していた満島真之介から中島健人にメインキャラクターを変更し、大きく舵を切った。いわば宣伝の方向を変える必要を感じていたわけです。一方で、二宮和也は嵐時代を含めて今年で9年目。いまだに二宮を起用しているのは、彼の知名度がちゃんとお茶の間に届き続けていることの証左。商品自体も引き続き安定していると言えそうです」(広告代理店関係者)

 嵐はその活動休止をしているが、CM業界では引き続き抜群の信頼感を得ている。たしかに10本以上のレギュラーCMを抱える人気者だ。

 例えば、川口春奈と共演中のJCBカードシリーズ。「スクープJCB」として、JCB通信社につとめるふたりが、JCBカードに関する“スクープ”に迫っていくという企画だ。