『元彼の遺言状』緊張と緩和が絶妙! 麗子と篠田のやりとりに思わずクスッ
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 フジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』の第8話が5月30日に放送された。気になる篠田敬太郎(大泉洋)については、第7話ではラストの「僕は殺人犯なんだ」というセリフのみで終了したが、第8話は核心に迫りながらも、合間にコミカルさを挟むなど、ライトな展開を期待するファンも大満足の回だった。

 篠田は6年前の「十ヶ浜強盗殺人事件」に巻き込まれ警察に追われる身となり、逃亡中に森川栄治(生田斗真)と出会い、無実を信じた栄治に3年前から匿ってもらっていた。そして栄治の提案で、栄治の大学のOBである「篠田敬太郎」の名を騙るようになったのだという。無実を訴える篠田に、剣持麗子(綾瀬はるか)は「あなたは殺していない」と断言した。

 篠田の過去が明らかになった翌日には、麗子は西園寺製鉄社長・西園寺一蔵(金田明夫)の依頼で一蔵の屋敷を訪問。遺言状トラブルに巻き込まれるも解決へと導き、その活躍で同社との大口案件を獲得することに成功する。麗子は祝杯をあげようと篠田を食事に誘い、三ツ星レストランで楽しいひとときを過ごすが、食事中に警察の橘(勝村政信)らが登場し、篠田を逮捕してしまう。篠田にかけられた容疑を晴らすためには警察を動かす必要があると考えた麗子が通報したのだった。麗子は元上司・津々井君彦(浅野和之)に頭を下げ、後見人になってもらうことで篠田の保釈を実現させ、篠田の無実を証明するため、十ヶ浜強盗殺人事件の現場に乗り込むのだった。