『元彼の遺言状』主要キャスト総動員で“最後の謎”篠田の過去に挑む?
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 物語も終盤に突入したフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』。6月6日に放送される第9話では、弁護士の剣持麗子(綾瀬はるか)がいよいよ篠田敬太郎(大泉洋)の過去という、最後にして最大の謎に立ち向かうようだ。

 第8話では、篠田がこれまで隠してきた自分の過去を語りはじめ、6年前に起きた「十ヶ浜強盗殺人事件」に巻き込まれ、殺人の容疑がかけられていること、逃亡先で森川栄治(生田斗真)と出会い、栄治の提案で、栄治の大学のOBである「篠田敬太郎」になりすますようになったことが明らかになった。麗子は「栄治は変わっているけ
ど、殺人犯を匿ったりはしない」と、栄治が篠田の無実を確信していたことを指摘。自らも篠田の無実を信じ、「あんたの弁護をする」と宣言し、十ヶ浜強盗殺人事件の現場に篠田とともに向かう。

 これまでの放送回と異なるのは、麗子が「私じゃ力不足」と言って周囲の力も借りながら解決しようとしていた点だ。篠田が一度、十ヶ浜強盗殺人事件の容疑者として逮捕された際には、元上司の津々井君彦(浅野和之)に後見人になるよう頼みこみ、断ろうとする津々井に頭を下げ、「あなた、人に頭を下げられたんですね」と驚かせていた。篠田の保釈直後には「冤罪を晴らすには私の力では足りない。警察の力を借りないと」と話していたが、篠田を一度逮捕させたのは、6年前の未解決事件を警察に再捜査させる意図があったからだろう。麗子は刑事の橘(勝村政信)に「当時は見つからなかった、新たな証拠や証言が出てくる可能性もあるでしょうね」と話していた。そして実際に、当時の防犯カメラの映像を洗い直すなど、捜査本部が慌ただしく動き出す様子が映されていた。