運命の裁判が開廷! 『元彼の遺言状』大泉洋“篠田”は救われるのか?
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 物語のフィナーレに向けて動き出したフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』の第10話が、6月13日に放送される。「篠田」こと本名・田中守(大泉洋)が殺人の容疑をかけられた6年前の「十ヶ浜強盗殺人事件」の無実を証明するため、第9話では弁護士の剣持麗子(綾瀬はるか)らが事件のあった十ヶ浜町で手がかりを探すも、不利な状況を覆す証言を得ることはできなかった。篠田はこのまま“殺人犯”として裁かれてしまうのだろうか?

 第10話の見どころは、麗子が「何かを隠している」と感じていた住民たちの言動や行動だろう。たとえば、事件現場のリストランテ「プロメッサ」で働く滝沢美月(成海璃子)は態度や証言のところどころに違和感がある。最初に麗子と篠田が店を訪れた際には、篠田を見るとなぜか目をそらし、篠田に声をかけられても無視していたのに、公民館で篠田が容疑者の田中守だと名乗った後に再訪した時は「田中さん!」と言って駆け寄るなど態度が一変。「6年前、私、すごくお世話になったんですよ」といい、強盗殺人事件よりも前に、急いでいる時に財布をなくしてしまい困っていたところを篠田がタクシー代を快く立て替えてくれたと明かし、感謝する。だが、なぜか篠田はまったく美月のことを記憶していない。しかも事件時、「店の外に出て寝てしまった」という篠田の主張に対し、当日、店の入り口で受付をしていたという美月は、篠田が店を出ていくところを見たのでは?と麗子に訊ねられても「覚えてない」と証言したのだった。