『元彼の遺言状』篠田ついに作家デビュー? “あやしい編集者”は福の神か、それとも…
拡大する(全1枚)
ドラマ公式サイトより

 フジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』第11話が今夜放送される。弁護士の剣持麗子(綾瀬はるか)が、助手である篠田敬太郎(大泉洋)の冤罪を晴らして一件落着。これにてドラマも閉幕……かと思いきや、物語は「麗子失踪編」へと移っていくことになる。

 次回予告によれば、事務所の主である麗子は「タヒチに旅行に行く」と伝えて消えてしまうという。しかし麗子不在の事務所には、森川紗英(関水渚)や津々井君彦(浅野和之)らが次々とトラブルを持ち込んでくることに。麗子のいない“チーム・麗子”は数々の事件を解決に導くことができるのだろうか。

 篠田にとっては、警察におびえることなく自由に調査できるようになった初の事件と言えるだろう。普段は洞察力の鋭い麗子の影に隠れがちだが、篠田も遭遇した事件を名作ミステリー小説に例える発言をするなど、その知識量は本物だ。ミステリー作家を目指して蓄えてきた豊富な知識をベースとした推理を存分に披露してもらいたい。

 そしてついに篠田がミステリー作家デビューすることになるかもしれない。「十ヶ浜強盗殺人事件」に巻き込まれたことで6年間を“透明人間”として過ごしてきた篠田。しかし逃亡生活の中でも原稿だけは手放さなかったというほど「ミステリー作家になる」夢は篠田にとって大切なものだったのだ。そんな篠田のデビューが本当に決まったとなれば、麗子や紗英も喜んでくれることだろう。