“坊主”姿で驚かせた菅田将暉が数カ月でも「俳優業休業」を決めた理由
拡大する(全1枚)
菅田将暉

 現在放送中の『鎌倉殿の13人』では、5月22日放送の第20回まで演じた源義経役が大きな話題を呼んだ俳優の菅田将暉。6月19日に開催された格闘技イベント『THE MATCH 2022』では丸刈りにサングラス、マスク姿の菅田が中継映像に登場し、世間を驚かせた。

横浜流星、King Gnuの井口理と並んで試合を生観戦しており、豪華なスリーショットと話題に。しかしそれ以上に注目を集めたのが菅田の現在の姿で、『誰だかわからなかった』『試合より坊主姿のほうが気になる』といった声も上がりました。5月14日に行われた限定オンライントークイベントなどでひと足早く披露され、坊主になっていたことはファンの間では知られていましたが、今回の『THE MATCH』で多くの人の目に留まった形です」(芸能記者)

 一部報道によれば、来年秋公開予定の映画に軍人役で出演しており、この撮影のためのヘアスタイルなのだという。5月中旬から撮影が始まっているというが、菅田といえば今年2月に放送された『まつもtoなかい~マッチングな夜~』(フジテレビ系)で俳優業を休業中であると話していた。

 今年4月には、昨年11月に結婚した女優の小松菜奈と北海道・函館で、親族のみが列席する極秘挙式を挙げていたと一部で報じられている。

 とはいえ、菅田は完全休業というわけではなく、歌手デビュー5周年記念日の6月7日には新曲「惑う糸」を配信リリース。加えて、10月から12月にかけて6都市12公演の全国ツアーを開催することなども発表された。