『ハガレン』大爆死でも…“仲良すぎ”な山田涼介と本田翼に「結婚してほしい」?
拡大する(全1枚)
山田涼介(写真/Getty Imagesより)

 Hey! Say! JUMP・山田涼介の主演映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』の公開にともない、テレビ出演を中心にプロモーション活動が盛んになっているが、山田と本田翼の仲が“良すぎる”と話題だ。

 現在公開中の『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』に続き、6月24日公開の『最後の錬成』でいよいよ完結する同シリーズ。2017年公開の実写映画第一弾『鋼の錬金術師』は酷評され、およそ4年半ぶりの完結編2部作の第1部『復讐者スカー』は5月21日と22日の「国内映画ランキング」(興行通信社調べ)で初登場9位、その後は圏外となっており、2017年の映画第一弾の累計興行収入およそ11.1億円を大幅に下回る“大爆死”が見込まれているが、それでも、なのか、それだから、なのか、完結編第2部『最後の錬成』の宣伝に余念がない。

 映画の大不振に、製作・配給のワーナー・ブラザース関係者らはみな一様に暗い顔をしているというが、一方でキャスト同士は和気あいあいとしているという。特に仲の良さが際立っているのが、「エド」こと主人公エドワード・エルリックを演じる山田と、その幼なじみでヒロインのウィンリィ役を務める本田だ。

「映画第一弾の頃からあまりに仲が良いため、当時、熱愛説も囁かれました。なにしろ、山田さんが本田さんを『翼』と呼び捨てにしていたり、本田さんが山田さんを『チビ』と言ってイジったりするぐらいの関係性。特に、番宣で出演した『行列のできる相談所』(日本テレビ系)で山田さんが本田さんに耳打ちする場面が流れたことで、あまりの距離の近さに『付き合っているのでは?』と疑ったファンが多数出ることに」(女性誌記者)