『空白を満たしなさい』阿部サダヲの怪演に視聴者騒然…怪しすぎるゆえにシロ?
拡大する(全3枚)
ドラマ公式ブログより

 NHK総合の土曜ドラマ『空白を満たしなさい』の第1回が6月25日に放送された。

 このドラマは、2011年から2012年に『モーニング』(講談社)で連載されていた平野啓一郎による同名の長編小説を原作とした作品で、死んだはずの人間が生き返る「復生者」のニュースが世間を騒がせる中、3年前に亡くなった主人公・土屋徹生(柄本佑)が復活し、身に覚えのない自らの死の真相を探っていくというストーリーとなっている。

 ある日、会社の会議室で目を覚ました徹生。なぜか腕時計は割れており、オフィスに入れない徹生は、自宅に帰宅する。だが、会社のビルの監視は「復生者だ!」と騒ぎ、通報。妻の千佳(鈴木杏)も徹生の帰宅に恐怖する。まだ幼児だったはずの息子が大きくなっていることに違和感を覚える徹生。すると保健所のオカダ(岡部たかし)がやってきて、3年前に会社の屋上から転落死したことを知る。止まった腕時計が指し示す時間は、亡くなったときのまま止まっていた。

 自分が突然生き返った「復生者」であると説明を受ける徹生。説明を終えてさっさと帰ってしまうオカダに、「え、これで終わりですか?」「あの人、(自宅に)置いていくんですか?」と動揺を隠せない千佳。死の直前の記憶を無くしている徹生は、なんで屋上から転落したのかと素朴な疑問を口にする。千佳は、警察や周囲の人間から自殺したと思われていると明かす。「なんで自殺なんかすんの、俺が」と徹生は笑い飛ばすが、自分が開発に関わったビールの新商品のCMを偶然目にし、ネットで検索してみると同僚の園田(永岡佑)の手柄になっていたことに愕然とする。園田は、徹生がキックバックを受けているという噂を流し、社内で徹生を孤立させた人間だったのだ。


この記事の画像

「『空白を満たしなさい』阿部サダヲの怪演に視聴者騒然…怪しすぎるゆえにシロ?」の画像1 「『空白を満たしなさい』阿部サダヲの怪演に視聴者騒然…怪しすぎるゆえにシロ?」の画像2 「『空白を満たしなさい』阿部サダヲの怪演に視聴者騒然…怪しすぎるゆえにシロ?」の画像3