『CDTVライブ!ライブ!』が『Mステ』超え!? 音楽番組の現在地と、『Mステ』の“敗因”
拡大する(全1枚)
『CDTVライブ!ライブ!』番組公式サイトより

 先日、「LINEリサーチ」が高校生の好きな音楽番組を調査した結果を発表し、業界関係者から注目を集めている。

 LINE株式会社が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、日本全国の高校1年生~3年生の男女に、音楽を聴く頻度や、音楽番組の視聴習慣について調査。それによると、「音楽をほぼ毎日聴く」という高校生は全体の7割を超え、「週4~5日聴く」(15%)と合わせると、週に4日以上音楽を聴く高校生は全体の8割以上となった。

 特番をのぞく、レギュラーの音楽番組を見るかどうかについては、「まったく見ない」は全体の35%。見ている音楽番組については『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)が1位で女子高生が50%、男子高生が33%。続く2位は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で女子高生が47%、男子高生が25%で、3位以下の番組はそれぞれ2割を切っており、この2番組が圧倒的に支持されていることがわかる。

「35年以上続く『Mステ』は日本の音楽番組の代表的な存在ですが、1993年から始まったランキング番組『COUNT DOWN TV』から派生して2020年から始まった新興の『ライブ!ライブ!』にすっかりお株を奪われてしまった。同じ生放送の音楽番組ですが、『ライブ!ライブ!』は、いわゆる“TVサイズ”ではないフル尺でのパフォーマンスや、特定のアーティストに30~90分ほどパフォーマンスさせる『フェス』を目玉として定期的に打ち出しており、アーティストの魅力を引き出すことに注力する姿勢が評価されています。一方、放送時間帯を変えるなどここ数年いろいろと動きを見せている『Mステ』ですが、VTRを見るコーナーの尺が増えてきていたり、あまりリニューアルの方向性が支持されていない印象です」(テレビ誌記者)