「プリ姫」泥沼暴露騒動、我が子の姿に親は困惑「裏ではドロドロ」
拡大する(全1枚)
キッズ向けYouTubeチャンネル「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」より

 チャンネル登録者数175万人を誇るキッズ向けYouTubeチャンネル「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」(以下、「プリ姫」)のパパやママが、女性週刊誌やYouTubeを通じて暴露合戦を繰り広げている。この泥沼騒動を受け、子育て中の親から悲痛の声が漏れているようだ。

 2013年開設の『プリ姫』は、現在16歳の娘・ひめちゃん、10歳の息子・おうくん、パパ、ママによる家族チャンネルで、寸劇やゲーム実況、やってみた系動画などを毎日更新。その活躍はYouTubeのみならず、コラボ商品の開発・販売や、昨年1月放送のバラエティ番組『逃走中』(フジテレビ系)への出演など多岐にわたる。

 そんな同チャンネルに関して、6月18日付けのニュースサイト「smartFLASH」は「登録者数174万人!親子YouTuber『プリ姫』が離婚していた!泥沼訴訟で浮上した “暴言禁止” 誓約書、出産費用使い込みトラブル」と題した記事を掲載。パパとママが実は18年6月に離婚していたことや、パパが現在、「プリ姫」の元出演者である大河内基樹氏とママを相手取り550万円の損害賠償を求めて提訴中であることなどを報じている。

 この報道を受け、ママは22日と29日にYouTubeチャンネル「プリマ2」に動画を公開。現状、ひめちゃんとおうくんと話すことを許されていないことや、大河内氏との間に男女の双子と男児を出産したこと、大河内氏とは入籍していないものの、「大切な家族として一緒にいる」ことなどを明かしているほか、「パパが裁判を起こさなければ、何も話さなければ、記事にはならなかった」「プリ姫をこれ以上傷つけたくなかった」などと涙ながらに語る場面もあった。