イケメン編集長が前任者を批判? 迷走する新生「週刊現代」

 今年2月、「週刊現代」(講談社)の編集長が、加藤晴之氏から乾智之氏へと交代した。一時は「部数が伸びなかったため、更迭された」などとされた(実際は通常の人事異動らしい)加藤氏だが、『革マル派に牛耳られたJRの真実』『大相撲八百長疑惑』『細木数子と暴力団のつながり』など、数々のスクープと、それに伴う訴訟の多さで話題を提供してきた人物である。

 一方の乾氏も、ノンフィクション作家・本田靖春氏が絶賛したほどの編集者で、今後の誌面づくりが楽しみな人物だ。だが新任早々、乾氏が加藤批判を公の場で口にしたというのだから、穏やかではない。

 その“公の場”というのが、業界誌「日本の編集長」(08年4月号/東京アドエージ)なる雑誌(ちなみに同社は、あの「噂の真相」編集長・岡留安則氏も在籍したことがあるという出版社)。「『週刊現代』の何をどう変えるのか!?」というインタビューで、乾氏は加藤氏について、以下のように言及している。

「加藤のやり方は良くも悪くも昔流ですね。<中略>これが一番目の記事で、これが二番目の記事であるということを読者に明確に提示する。悪く言うとやや読者に押し付けているな、と。<中略>加藤が編集長をつとめた二年間でかなり話題を作ったと思うのですけれど、残念ながら結果が伴わなかった。有り体に言えば読者とズレていたということだと思います」(原文引用)

 つまり、読者のほうを向かずに、「自分達の独り善がり的な」誌面づくりをしてしまっていたことが、部数下落の原因だという。ここまでハッキリと否定されては加藤氏も立つ瀬がないだろうが、業界関係者は次のように指摘する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

細木数子のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年4月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「森口博子」のニュース

次に読みたい関連記事「森口博子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「美輪明宏」のニュース

次に読みたい関連記事「美輪明宏」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石原良純」のニュース

次に読みたい関連記事「石原良純」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら