芥川賞作家・金原ひとみが極秘出産!?


 04年に綿矢りさとともに芥川賞を受賞した金原ひとみが、なんと、昨年出産していたという――。

「一部の週刊誌などで結婚は報じられましたが、お相手は集英社の“イケメン”担当編集者。夫が一般人ということもあってか、プライベートは公にしない意向なのか、文芸関係者には箝口令が敷かれているようです」(文芸編集者)

 なぜ、おめでたいことを隠すのか? 金原氏の作品を複数出版し、公私ともに彼女を“抱える”集英社に連絡したが、なにを聞いても「お話できません」の一点張り。出産の事実すら認めてくれなかった。アバンギャルドな作風のイメージを守るためなのか、オメデタをも隠すとは、今や大先生の風格をも伺わせる金原氏。しかし、プライベートの充実ぶりとは裏腹に、文壇界隈での評価はイマイチだという。

「すばる文学賞と芥川賞のダブル受賞を果たしたデビュー作『蛇とピアス』(集英社)以降、内容、セールスとも……(苦笑)。我々文芸編集者の間では、『ストーリー展開も稚拙で人物描写も粗く、書きなぐっている印象が強い』と手厳しい評価も耳にします。才能はともかく、金原とライバル視されてきた綿矢りさが、大御所作家先生からかわいがられているのと比べると、その差は対照的ですよ」(同前)

 大御所先生にかわいがられると“将来は安泰”という相変わらず閉鎖的な文壇の中、金原氏には、母親になってもその媚びないキャラのまま、実力で彼らをギャフンと言わせてもらいたいものだ。

【関連記事】 絶好調の川上未映子 文芸編集者が語る氏の“実力”とは?
【関連記事】 パンチラ狙う不届き者も? 文学賞贈呈式での報道陣の過熱ぶり
【関連記事】 奥菜恵が自叙伝エッセー出版! “引退”の真相から結婚生活まで
【関連記事】 『20世紀少年』は駄作?“天才”浦沢直樹はホントに面白いか

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年4月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。