「セリフも覚えてこない」 蒼井優にドラマスタッフ困惑

「たびたびセリフを覚えてこなかったり、芝居をつけようとするとちょっと不機嫌な態度を見せたり……おかげで撮影現場の空気が悪くなることもしばしば。監督に対しても同じような調子です。確かに彼女の演技力の高さは誰もが認めているところなのですが、ちょっと先が思いやられますね」

 そう眉をひそめるのは、某ドラマ撮影スタッフ。彼が苦言を呈しているのは、現在放映中のドラマ『おせん』(日テレ)でテレビドラマ初主役となった女優・蒼井優のことだ。

「彼女は小学生の頃からCMや広告に出演し、1999年に舞台『アニー』の主役に抜擢されましたが、なかなか花開かずにファッション誌のモデルなど、下積みも経験していました。そんな彼女が女優として開花したのが『リリイ・シュシュのすべて』『フラガール』などの映画。だから、映画には思い入れが強い。しかし、今までもドラマにレギュラー出演したこともありましたが、確かに映画とは違って、ドラマ収録現場での評判はよくなかったですね。とにかくマイペースで、台本を覚えてこないと……」(芸能プロ関係者)

 しかし、一方で蒼井をこう評価する声もある。

「映画『フラガール』では、ラストシーンでフラダンスを踊るクライマックスシーンがあるのですが、彼女は自分の踊りに納得がいかず、観客のエキストラたちが帰った後に、自分のシーンだけ撮り直したんです。その根性にはスタッフ全員が感心していました。幼少の頃からバレエをやっており、ひとりでレッスンに通ったり、銀座なんかをブラブラしてたんです。その頃から単独行動が多かったので、どうしてもマイペースになってしまうんでしょう。神田うのちゃん一色紗英ちゃんなんかも、小さい頃からバレエをやっており、似たような境遇なので同じくマイペースですしね」(映画関係者)

 『フラガール』では、数々の映画賞を総ナメにした蒼井だが、スクリーンで脚光を浴びた女優は、ブラウン管には収まりきらない……というところだろうか?
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)



【関連記事】 『おせん』で連ドラ復帰の内博貴につきまとう「不安」
【関連記事】 日テレ初主演も「やっぱり!」の低視聴率女優・上戸彩
【関連記事】 “低視聴率コンビ”もこみち&相武が大健闘中のワケは?
【関連記事】 『ごくせん』で600人から選ばれたジャニタレ・高木雄也の大根ぶり

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 蒼井優 Instagram
  2. 蒼井優 ドラマ
  3. 蒼井優 岡田准一
蒼井優のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2008年5月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「蒼井優 + 結婚」のおすすめ記事

「蒼井優 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「蒼井優 + 映画」のおすすめ記事

「蒼井優 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「麻生久美子」のニュース

次に読みたい関連記事「麻生久美子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら