二宮和也の感動ドラマ、視聴率はイマイチでも専門家は大絶賛

などなど、障害をテーマにしつつも、そればかりを前面に打ち出さなかったことで、逆に好印象をもった視聴者が多かったようだ。

また、ドラマ同様に評価されたのが、二宮の演技。その表現力には、同じ障害に関わる人たちからも「弟が脳性まひだけど、まったく同じ動きだった」「障害特徴をうまくとらえていた」と高評価。ドラマで動作指導に携わった神奈川県障害者自立支援生活センターの事務局長・鈴木治郎氏も、「うまいな!と思います。とても難しい役だと思うのですが、イヤミがないですね。(略)あまりリアルにしてしまうとイヤミに見えますし、その辺のさじ加減が上手」(『DOOR TO DOOR』公式HPより)と大絶賛。

「二宮和也 + 映画」のおすすめ記事

見学に来ていた娘さんも「お父さんがいる!」とビックリしたという。ともすれば、わざとらしくなりがちで、視聴者に抵抗感を抱かせる危険性もある難役を自然に演じきった。

視聴率こそ9.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と振るわなかったものの、「脳性まひは障害ではなく、ひとつの個性」という二宮の演技が感動を呼んだ『DOOR TO DOOR』。

『少しは、恩返しができたかな』で第15回橋田賞受賞、『マラソン』でギャラクシー賞月間個人賞(9月度)に加えて平成19年度文化庁芸術祭賞テレビ部門で放送個人賞と、賞を総なめにしてきた二宮だが、今回はどのような評価を得るのだろうか。



【関連記事】二宮和也、「セリフよりまずスタッフの名前覚える」独自の演技論
【関連記事】嵐の新曲大ヒット!でも櫻井翔の映画『ヤッターマン』は......
【関連記事】慶応出身の櫻井翔、熱があっても学校に行っていた日々を振り返る

あわせて読みたい

二宮和也のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「二宮和也 + ドラマ」のおすすめ記事

「二宮和也 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松本潤」のニュース

次に読みたい関連記事「松本潤」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年4月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 二宮和也 ドラマ
  2. 二宮和也 伊藤綾子
  3. 二宮和也 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。