山場なのになぜか爆笑連発、朝ドラ「つばさ」の洪水パニック!

 2009年春からスタートしたNHK連続テレビ小説『つばさ』。主役のつばさを演じるのが、ヘン顔演技とかもいろいろできる多部未華子で、川越にある老舗の和菓子屋を舞台にしたドタバタホームコメディ、西城秀樹も出るよ、といえばもう、『寺内貫太郎一家』(TBS系)ノリのギャグ満載、往年のホームドラマを期待してしまう。しかし......。

 なんていうんだろう。ユーモア心のない(でも、マジメでいい人)部長がムリヤリがんばってギャグをやってくれたものの、痛々しい空気になってしまうようなものというのか、とにかく「狙い」が見えすぎて、ギャグをやってくれればくれるほど、こっちはどんどん醒めていくドラマができちゃった。たとえば秀樹の事務所の神棚に「リンゴとハチミツ」が供えられてたり、エピソードの最後にサンバダンサーが登場し、唐突にみんなで踊ってしまったり、バラエティの定番お色気SE「ワーオ」を今さら多用してみたり。クドカンや三谷、またはオフィスクレッシェンド系の笑いを取り入れたかったのかもしれないが、制作側の「ここで笑ってね」「ここの小ネタ、こだわってるでしょ? わかる?」という「ツッコミ待ち」してる空気が見えすぎてもう......。

 そんな『つばさ』に、見どころ満載! 面白回がやってきた! それが、7月17日の放送回である。

 この週は、大型台風の影響で、川越の町が豪雨に襲われるというのがメインの出来事。ちなみに、つばさのお仕事は川越にあるコミュニティFMのパーソナリティで、つばさの彼氏はケガをしてリハビリ中のJリーガー・太(小柳友)。そのFMの社長が、元官僚の真瀬(宅間孝行)という男。つばさをいつも「イモ」呼ばわりしてる男ツンデレ。本当は粗野な言動の内側には優しさもあって、魅力ある中年バツイチ男に見せたいのだろうと思うが、見た目が、スピードワゴン井戸田と野球解説者の角盈男を混ぜたような、しゃくれタレ目のヒゲの濃い男。この顔で、いつも眉間にシワ寄せて「イモイモ」言ってるだけのせいか、なかなか内面の魅力まで到達できません。そのニセ井戸田が、20歳以上年下のつばさに次第に魅力を感じ始めている描写が、前フリとしてちょっとだけ描かれていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 朝ドラ まんぷく
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2009年7月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あさイチ」のニュース

次に読みたい関連記事「あさイチ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら