エミー賞から見る、次のブレイク海外ドラマはコレだ!

――海外生活20年以上、見てきたドラマは数知れず。そんな本物の海外ドラマジャンキーが新旧さまざまな作品のディティールから文化論をひきずり出す! 今回は番外編として、第61回プライムタイム・エミー賞をチェックします。

 アメリカTV界最大の式典である第61回プライムタイム・エミー賞の発表・授賞式が、アメリカ現地時間9月20日ロサンゼルスのノキア・シアターで開催され、2008-09年シーズンに放送された作品の中から各部門の頂点が決定した。

■主要部門の受賞作品は軒並み話題作

 ドラマ・シリーズ部門作品賞と脚本賞に輝いたのは、放送2年目にして連続受賞を成し遂げた『マッドメン』。同作品は、白人男性にとって「古き良き時代」であった1960年代を舞台に、マンハッタン中心部で幅をきかせていた一流広告マンと、彼らを取り巻く女性たちの愛憎あふれるヒューマン・ドラマ。男尊女卑、セクハラ、DVに所かまわず喫煙しまくりと「現代のタブー」満載だった「アメリカの黄金時代」をリアルに再現し、当時のビジネスマンたちのライフスタイルや苦悩をピンポイントで描いていると全米で大絶賛。評論家の高い支持を得たこともあり、マイナーなケーブルチャンネルで放送されているにも関わらず大ヒットした。
(日本では8月にシーズン1のDVDがリリース。10月19日からフジTVでシーズン2が放送)

 同部門主演男優賞を手に入れたのは『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストン。地味に真面目に生きてきた50歳の高校科学教師が、ある日突然「末期の肺ガン」だと診断されるところから物語はスタート。「貯金もないのに、脳性麻痺の長男と妊娠中の妻を残して死ねない」。追い込まれた彼は、残り僅かな人生を自分が持つ科学の知識を駆使して最高級の覚せい剤をつくり、荒稼ぎしようと企む。近年、崖っぷち中年が主人公のドラマ/コメディがブームとなっているが、ジャンルを問わない幅広い演技力が高く評価されているブライアンが2年連続の受賞となった。
(日本ではひかりTVで配信)


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年10月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。