エミー賞から見る、次のブレイク海外ドラマはコレだ!

 コメディ・シリーズ部門作品賞、脚本賞に輝いたのは、大本命であった『30 Rock』。

 米三大ネットワークの一つ、NBCで放送されている「架空の」人気深夜バラエティの裏舞台を描いたコメディで、主要キャラは「バリキャリだけれど私生活は惨めな女性脚本家」「自分大好き勘違いな年増女優」「精神的にイッているけど最高級な芸人」「GMに全てを捧げるワンマン過ぎてかなり痛い上司」と、分かりやすい設定であり、アメリカ人が大好きな時事的なギャグを炸裂させ爆発的なヒットとなった。放送コードすれすれなギャグや自傷ギャグなども多く、シーズン3も高視聴率をマークした。主演男優賞も『30 Rock』で油ぎるエネルギッシュなボスを演じるアレック・ボールドウィンが2年連続受賞している。

 同部門主演女優賞に輝いたのは、『United States of Tara』で主人公を演じているトニ・コレット。

 『JUNO/ジュノ』を手がけたディアブロ・コーディが脚本を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を勤めていることから前評判が上々であった本作品は、校外に住む平凡な主婦で「多重人格障害者」であるタラが、家族を巻き込みながら過ごす日常を描いたもの。男性やイギリス人などを含む4人のキャラクターを熱演するトニの演技力の高さが大絶賛され、見事受賞した。

 助演男優賞には、シングルライフを楽しむ「お気楽な兄」のもとに、離婚ホヤホヤな「神経質な弟」が10歳の息子を連れて転がり込み、衝突しながら共同生活をおくるというファミリー・シットコム『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』で弟を演じるジョン・クライヤーが念願の受賞を果たし、助演女優賞には「悲しい条件のもと」死者を蘇らせる能力を持つ主人公を精神的にサポートする役を『プッシングデイジー ~恋するパイメーカー~』で演じているクリスティン・チェノウェスが獲得。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年10月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。