キムタクが『アバター』を絶賛、「胸が飛び出したら揉みたい!」

 映画『タイタニック』の監督ジェームズ・キャメロンが12年ぶりに放った、デジタル3DによるSF超大作映画『アバター』。公開3日間で世界興行収入2億3,200万ドル(約210億円)という、とてつもない数字を叩き出し、日本でも大ヒット。その勢いにはすさまじいものがある。日本のトップスター・木村拓哉もこの映画を大絶賛。

「キャメロン来るね、キャメロン伸びるって。『アバター』はヤバターだよ。ホントやばいよ」

 と、自身のラジオ『WHAT'S UP SMAP!』(TOKYO FM、1月22日放送)にて興奮気味に語った。

 子どもの頃に映画『ジョーズ』を3Dで観て以来「3D映画ってイヤなもんだと思い込んでいた」という木村。そのため、最初は「何が3Dだよ」という思いを抱きながら劇場に向かったという。しかし......、

「僕らも昔、『Pop Up! SMAP』っていうライブの中で(メガネを配布して)飛び出すって3Dを使ったんですけど、キャメロンちゃんは違ったね。飛び出すんじゃなくて、奥に伸ばすんですよ」
 
 この斬新な手法に衝撃を受けたという木村。さらに、

「オレ、2回泣いたもん。3Dメガネの内側から流れるものがありましたね」

 とストーリーにも感動し、涙を流してしまったという。

 その後、あまりにもスゴいこの映画の感想を伝えたいと、映画館を出た瞬間にメールを送信。そのお相手は、映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』でタッグを組んだ監督・山崎貴だった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 木村拓哉 ドラマ
  2. 木村拓哉 ラジオ
  3. 木村拓哉 映画
木村拓哉のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2010年1月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「木村拓哉 + 長女」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 長女」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + ラジオ」のおすすめ記事

「木村拓哉 + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「香取慎吾」のニュース

次に読みたい関連記事「香取慎吾」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら