小栗旬が暴露! 松本潤がホテルに持って来たモノとは......
拡大する(全1枚)
若い時はトンガってたもんね~

 2007年からパーソナリティーを務めていた、ラジオ『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)を、3月末で卒業することになった小栗旬。そして先週、その話を聞きつけた松本潤が「終わるなら、俺行くよ」と、告知なしで突然の生出演を果たした。プライベートでも親友同士を公言する二人のトークは深夜の生放送にふさわしく、ディープで熱いものだった。

 出会いのきっかけはドラマ『ごくせん』(02年、日本テレビ系)での共演。当時はまだ10代という多感な時期で、ちょうど「お互いとがっていた頃」。なかなか仲良くできなかった、ということは過去のインタビューでも明かしているが、松本側の印象はちょっと違ったようで......。

「僕は(その前に)小栗くんが輝いていた『Summer Snow』(TBS系)っていうドラマを観てたから。小栗くんっていう子はすごいなと」

 堂本剛が主演を務めた『Summer Snow』で、耳に障害のある少年を演じ、一躍注目を浴びた小栗。その迫真の演技は、同世代の松本にも十分な刺激を与えたのだろう。が、それに対して小栗は「嘘だよ!」と猛反論。

小栗 「じゃあさ、ちょっといっこだけ言わせてくれる? もしほんとに俺のことすごいと思ってたんなら、もう少し『ごくせん』のときの会い方あるんじゃね? あの頃の松本潤が『Summer Snow』を見ててすごいと思ってた空気なんていっこも感じられなかったよ(笑)」
松本 「いやいやあったあった。ものすごいリスペクトしてましたよ」
小栗 「嘘だよ。あの頃の潤くん、もうさわったら血だらけになるんじゃねえかと思ったもん(笑)」