精神疾患を抱えながらも、"最強の女性"であり続けるリンダ・ハミルトン

精神疾患を抱えながらも、"最強の女性"であり続けるリンダ・ハミルトン
タフ女といえばリンダ!

――夢中になった映画やドラマに出演していた、あの人。パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! そんなアナタのために、サイゾーウーマンの海外特派員・JULIEが、噂のあの人の仕事からプライベートまで、現地で情報をかき集めてきました!

■今回のターゲット
リンダ・ハミルトン(『ターミネーター』シリーズのサラ・コナー役など)

 人工知能を持った軍事用コンピューターシステム「スカイネット」が人類を滅亡に追い込もうと核戦争を起こす、恐ろしい近未来を仮定して描かれた、大ヒットSF映画『ターミネーター』。人類を救う救世主ジョン・コナーの母親サラを演じたのが、リンダ・ハミルトンです。第1作は怯えてばかりだったサラですが、シリーズ2作目では息子を抹消しようと近未来から送り込まれる殺人マシーン「T-1000型ターミネーター」から我が子を守ろうと精神的にも肉体的にもタフな女性へと成長。世界中の男性たちをノックアウトし、「マッチョで強い女性はセクシー」という定義を作り上げたのです。

 短期間の集中トレーニングで身体と内面を鍛え上げ、武器について学び、「最強の母親」サラというキャラクターを作り上げたリンダは、「役作りのためには何でもする」努力派。『ターミネーター』の監督ジェームズ・キャメロンも彼女の女優魂に惚れこみ、2人は子どもに恵まれて結婚。ジェームズの、あまりにも映画制作中心の生活にリンダが付いていけなく破局してしまいましたが、監督は今もなおリンダを高く評価しています。

...続きを読む

あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2010年8月16日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。