アイドルの青春を支えた伝説の高校、明大中野と都立代々木の功績を探る

 これまでアイドル御用達高校として有名な堀越学園、日出高校のほか、ここ数年成長のめざましい通信制高校の立志舎、クラーク高校などが御用達校として台頭してきたと、紹介してきた。しかし、それら情勢の動きの裏で儚くも消えていった伝説の芸能人高校もある。

■1980年代のアイドル黄金時代を支えた、明大中野高校

明治大学付属中野高等学校公式サイトより

 明治大学付属中野高等学校(通称・明大中野。東京都中野区)は、角界入り前の花田勝氏が中退、貴乃花親方が付属中学を卒業したことで知られるバンカラな男子校。校則は厳しく、中学から在籍した手越祐也NEWS加入と同時期に堀越に転校したというが、2003年まで存在した共学の夜間定時制は、数多の芸能人を輩出し、堀越と双璧をなすアイドル学園として知られていた。

 現役ジャニーズタレントでは、近藤真彦は卒業したも、少年隊内海光司岡本健一は揃って中退した様子。元ジャニーズではシブガキ隊の3人や光GENJIの大沢樹生も中退したと言われ、卒業率の低さが浮き彫りに。女子も参議院議員となった三原じゅん子やX JAPAN・Toshi夫人であった守谷香など、ニュースを賑わす元アイドルはじめ、河合奈保子中森明菜、石川秀美、浅香唯といった80年代の大物が在籍したが、卒業した者は少ない。公立の定時制の殆どが4年制であった時代に3年で卒業でき、偏差値40台で入学できる名門大学の付属校(但し、明大推薦率は極めて低い)として人気を誇ったが、卒業率の低い定時制課程ならば廃止するのも納得だ。ただ、明大中野の先輩後輩として交際を始めた植草克秀と千恵子夫人が結婚したり、同級生であった錦織一清パパイヤ鈴木が東京MXテレビの『ニッキゴルフ』で息の合った共演を果たすなど、ジャニーズ事務所には偉大な財産を残している。小山慶一郎山下智久伊野尾慧と現役ジャニタレの明大合格が相次いだのも、授業料で明大中野へ貢献した事務所の力があるのだろうか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2010年8月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「須藤元気」のニュース

次に読みたい関連記事「須藤元気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。