セレブがいなくても困らない!?  チャリティーで露呈した思わぬ意見

セレブがいなくても困らない!?  チャリティーで露呈した思わぬ意見
ま、正直、ガガたんに飽きた感はあるっちゃある。

 R&B界の歌姫アリシア・キーズの呼びかけで、レディー・ガガやジャスティン・ティンバーレイクら人気セレブが、100万ドル(約8,200万円)の寄付が集まるまでTwitterとFacebookの更新をストップするというチャリティー活動を開始したのは12月1日のこと。人気セレブのつぶやきの復活を願い、すぐに目標額に達成するものと見られていたが、予想外に苦戦。更新再開の目処が立たぬという事態に陥ってしまった。

 チャリティーの発案者であるアリシアは、エイズに感染したアフリカの子供たちを救う活動を行う慈善団体「Keep A Child Alive」の親善大使。一人でも多くの人にアフリカの悲惨な現実を知ってもらい、募金をしてもらおうと、毎年セレブの知名度を利用した様々なチャリティーを開催している。

 今回開催されたのは、「TwitterやFacebookで多くのフォロワーを持ち、SNS上での発言がメディアから注目されている人気セレブが一斉に更新をストップすること」で、世間の注目を集め、スムーズに募金収集する「デジタル・デス(デジタルでの死)」オンライン・チャリティー。参加したのは、Twitterで720万人、Facebookで2,400万人以上のフォロワーを持つレディー・ガガ、リアリティー番組などで600万ドル(約5億円)稼いでいると報じられたばかりのキム・カーダシアン、『アメリカン・アイドル』司会者で人気ラジオDJのライアン・シークレスト、美しく痩せたと評判のジェニファー・ハドソン、『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド、テニスプレイヤーのセリーナ・ウィリアムズなど。 人気ミュージシャンのレニー・クラヴィッツ、アッシャー、キンバリー・コール、アリシア自身と、彼女が前妻から略奪した夫で音楽プロデューサーのスウィズ・ビーツも参加した。


あわせて読みたい

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュース

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年12月8日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。