自叙伝の売り上げは好調でも本格的テレビ復帰は遠いのりピー

「もともと、高相と出会わなかったら酒井は"シャブ漬け"になっていなかった。高相の実家はそれなりの資産家なので、高相はクラブ通いを再開。今春、写真誌で薬物を買っているような現場を報じられた後は消息不明のようです」(同)

自叙伝でも触れているが、酒井の薬物使用が発覚するきっかけとなった元夫の逮捕劇から現在に至るまで、酒井をバックアップしている建設会社の会長が全面的に"マネジメント"を手がけているという。

次に読みたい関連記事「田中聖」のニュース

「今年に入ってから各出版社が酒井に接触したが、自叙伝の出版社などは会長の独断。内容についても会長が厳しくゲラをチェックし、酒井にとって都合の悪いところは徹底的にカットしたようです。そのためか、内容は非常につまらないものになっているのですが......」(出版関係者)

"出版不況"と言われ、市川海老蔵の暴行事件と重なってほとんど話題にならなかったにも関わらず、酒井の自叙伝は発売初週で1万5,000部を売り上げ、「すでに売り上げ10万部を突破し、印税収入は少なくとも1,000万円を超えました。昨年、酒井の公判前に3冊の暴露本が出ましたが、売れたものでも3万部程度だった」(前出の出版関係者)と言うから、根強い"のりピー人気"が伺える。しかし、本格的なテレビ復帰となるとまだまだ先のようだ。

「前所属事務所の『サンミュージック』は『執行猶予が明けてからと思っていた。自叙伝も時期尚早』と呆れ気味。TBS以外は、朝日新聞出版社の担当者から『インタビューOKです』と売り込みがあったにもかかわらず静観。他局が動くのは、25 日の特番の数字が出てからでは」(報道番組デスク)。

「マンションを売った金は、前所属事務所が肩代わりした賠償金の支払いなどにあてたようだ」(同)というから、当分酒井は印税収入で長男を養っていかなければならないようだ。


『贖罪 [新装版] (ダリア文庫) [文庫]』


こっちの贖罪のが好きかも~



【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
足掛かりは"上海万博"!!のりぴーがいよいよ復帰か!?
「大学入学」という完璧な算段を取った酒井法子のブレイン
梨元さんの遺作映画化!のはずが、酒井法子の前事務所が抗議の声

あわせて読みたい

気になるキーワード

酒井法子のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2010年12月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジェジュン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェジュン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チャン・ツィイー」のニュース

次に読みたい関連記事「チャン・ツィイー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。