9・11での救助経験を持つアメリカ人元消防士が、一人で被災地入りしていた

9・11での救助経験を持つアメリカ人元消防士が、一人で被災地入りしていた
拡大する(全1枚)
その勇気に頭が下がります

 東日本大震災が発生した3月11日から1カ月が過ぎ、被災地では多くのボランティアが活動をしている。その中に9・11とハイチ大地震の被災地で救助活動をした経験を持つ、元ニューヨーク消防士がいた。男性は地震発生直後、飛行機に飛び乗り、一人で被災地にたどり着いたのだという。

 男性の名はトム・クラーク、年齢は50歳。ニューヨーク市の南西部にあるスタテンアイランド出身で、1980年代にニューヨーク市消防局で消防士として活躍していた。トムは退職後、家族と共にミネソタ州に移り住み、静かな生活を送っていたが、アメリカ同時多発テロ事件で故郷の惨事を見て「自分も何か手伝いたい」とグラウンド・ゼロに赴き、ボランティアとしてがれき撤去作業を手伝った。2010年1月にハイチで大地震が起こった際も、「自分の経験が役立てるかもしれない」とボランティアを志願。震災から1カ月後に被災地へ入り、活動をしている。

 米テレビ局「CBS」の取材に応じたトムは、「地震と津波により、めちゃくちゃになっている日本を見て、居ても立ってもいられなくなったんだ。自分は、9・11とハイチでも手伝わせてもらった経験があるからね。テレビに映し出された震災の様子を見て、絶対に行かなくては、と思ったんだ。選択の余地などなかったね。考えもしなかった」「『被災地に行こうか、どうしようか』ではなく、『行くぞ』だった。問題は、どうやったら被災地までたどり着けるのかだった」と、コメント。


サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。