性依存症の再発か!? 『Xファイル』のモルダーが再び別居していた

性依存症の再発か!? 『Xファイル』のモルダーが再び別居していた
拡大する(全1枚)
何がどうしてそうなった?

 カルト的人気を誇る海外ドラマ『Xファイル』で、変人と呼ばれるFBI特別捜査官モルダーを演じ、世界的にブレークした俳優のデイヴィッド・ドゥカヴニーが、結婚して14年目になる妻で女優のティア・レオーニと別居したことが明らかになった。2人は、2008年にも短期間別居をしたことがあり、今回は、このまま離婚するのではないかと囁かれている。

 デイヴィッドとティアが最初に出会ったのは92年のこと。しかし、交際に発展したのは97年はじめに共通の友人が開催したパーティーで再会したのがきっかけで、一気に燃え上がった2人は、同年5月にスピード結婚した。

 それまで、複数の女性たちとイチャついている姿がパパラッチされてきたデイヴィッドは、性依存症の疑惑がかけられていたが、結婚した年に米誌「PlayGirl」のインタビューに応じ、「オレは性依存症じゃない」と断言。「一夫一婦の関係を築いているのに、セックス中毒だなんて、彼女を悲しませてしまうじゃないか。家族も傷付けてしまうし」と言い、「まったく冗談じゃない。早くこのウワサが消えてくれることを祈るよ」と怒りを込めて否定した。ティアも米女性誌「ELLE」で、「デイヴィッドがセックス中毒の疑いをかけられちゃって」「すごく興奮しちゃったけど、結局彼はそうではなかったわ」と、夫を援護し話題となった。

 しかし、デイヴィッドは「オレには潔癖症だってウワサもあるよな。もし、潔癖症か性依存症か、どちらか選ばなくてはいけないのなら、絶対に性依存症だな」とも述べており、チラリと本音をのぞかせたとも書き立てられた。一方で、ティアも「男は雄牛だからね。常に雌牛をゲットしてなきゃ気が済まない」「だから、たくさんの雌牛と交わった雄牛をゲットすればいいのかも。自分が最後の雌牛になれるから」と語り、デイヴィッドがかなりのプレイボーイだったことを認めるような発言をしていた。


当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年7月1日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。