バラエティーの"楽"な作りを象徴している、『Oh! どや顔サミット』

 今回ツッコませていただくのは、『Oh! どや顔サミット』(テレビ朝日系)。昨年4月から放送されている同番組、実は番組開始前の予告段階で、すでに「どうやって間を持たせるのだろう」と疑問だった。近年、バラエティー番組などで頻繁に使われる「どや顔(したり顔)」というフレーズ。おそらく企画段階で、タイトルに「いまどき」感を見込んでいたのだろうけれど......。

 数十秒間の予告の「○○です!→ボタンを押して、カメラ目線でドヤ顔」×数名分という時点ですでに、なんだかおなかいっぱい。グダグダな内容も、とりあえず「ジャンガジャンガ」でつないでなんとかしてた、かつてのアンガールズのショートコントの拡大版なんてことはまさかないよね?
 
 ここから楽しいことが始まりそうな気はさらさらしないなあと思っていたのだが、番組が始まってみたら、本当にその「まさか」が繰り返されていた。

 笑いに対して比較的フェアで厳しい印象があるダウンタウン浜田雅功が、「この『○○です!→ボタンを押して、カメラ目線でドヤ顔』いうの、いります?」と番組開始前などに指摘しなかったのだろうか。それを言ったら終わってしまうからだろうか。

 疑問ばかりが募っていたが、1月20日放送分の「美魔女コンテストグランプリ美へのこだわり」を見て、「なんだ、結局、『イチハチ』(TBS系)じゃないか」と合点がいった。大勢のセレブ(よく出るのはパチンコ成金の人とか?)たちに驚愕の私生活を明かしてもらい、ツッコむというお約束のスタイルは既視感たっぷり。違うのは、アシスタントが藤本美貴片瀬那奈(+おっさん)かということぐらいで、いずれにしろたいした違いじゃない。驚愕セレブ以外はたぶんオネエ軍団が出たり、神経質すぎる人が出たりするんだろう。結局、いろいろ路線変更を繰り返しつつ到達する「いつものところ」の不思議。


あわせて読みたい

気になるキーワード

サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2012年1月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「バナナマン」のニュース

次に読みたい関連記事「バナナマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「極楽とんぼ」のニュース

次に読みたい関連記事「極楽とんぼ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山根良顕」のニュース

次に読みたい関連記事「山根良顕」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら