終了説から一転! 『相棒』継続を決めた女神は鈴木杏樹だった

 今期も絶好調のドラマ『相棒season10』(テレビ朝日系)の新レギュラーに、鈴木樹が加入することが1月18日の放送回で明らかになった。過去にゲスト出演し、3度目の出演となった月本幸子こと鈴木がレギュラー出演者にまさかの昇格。ファンも驚きの衝撃展開となった。

 高視聴率を記録し、テレ朝の看板番組にもなった大ヒットシリーズの『相棒』。頭の切れる有能な人物でありながら"変人"として上層部からは疎まれている主人公の警部・杉下右京水谷豊が演じ、及川光博はその"相棒"で「キザでクール」な警部補・神戸尊を演じている。

 これまで映画2本にスピンオフ作品も制作されるなど、その人気はとどまることをしらないが、昨年に入ってからは水谷が「家族との時間をもっと持ちたい」と降板の意向であることや、及川との不仲説が一部でささやかれるなど番組存続の危機が伝えられていた。さらに終了説に拍車を掛けたのが、右京の元妻で宮部たまき役として出演していた益戸育江(旧・高樹沙耶)が降板したことだった。劇中では、たまきが女将を務める小料理屋「花の里」に特命係のふたりが度々来店し、何気ない会話から事件解決に結びつくことも。

 初期から相棒に登場し、作品にとって欠かせない役割であった「花の里」だが、今シーズンの第一話でたまきが「お店を閉めて、お遍路にでも出ようかしら」と言ったきり、番組から姿を消してしまった。

「益戸といえば脱原発を主張し、芸能界では山本太郎と並ぶ過激派的な存在になったのは周知の通りです。現在もブログやTwitterで日常を綴っていますが、原発に関する発言や『地球』『エネルギー』といった言葉もかなり目立ちます。一部では年下イケメンと沖縄県の石垣島へ移住して、ラブラブ生活を送っていることが報じられており、『相棒』降板後は女優業も事実上の引退状態です」(芸能ライター)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鈴木杏樹 相棒
  2. 鈴木杏樹 降板
鈴木杏樹のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る 2012年1月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鈴木杏樹 + 相棒」のおすすめ記事

「鈴木杏樹 + 相棒」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木杏樹 + 降板」のおすすめ記事

「鈴木杏樹 + 降板」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「黒木瞳」のニュース

次に読みたい関連記事「黒木瞳」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら